記事公開日:2021.06.12 | 最終更新日:2021.06.12

マタニティライフ・妊娠後期における心と身体のケア

マタニティライフ・妊娠後期期における心と身体のケア
魚見舞

この記事を書いた人

スタジオモーツァルトでSNS担当してます、魚見舞です。 現在3人の子供がおります。 妊娠期は楽しみな気持ち、不安な気持ちなど様々な思いがあると思います。3人目は帝王切開だったこともあり、自然分娩・帝王切開の両方経験があるので、妊娠中だけでなく、出産に向けての様々な気持ちなどにも寄り添いお役に立てる情報を、伝えて行きたいと思います

今回のマタニティ情報は、
「妊娠後期における心と身体のケア」です。

妊娠後期になると、出産に向けて安産という
意識が高まりますが、緊張しすぎてしまうと
陣痛が長くなってしまい、なかなか赤ちゃんが
出てこないということもあります。

そのため妊娠後期になったら胎児に向けて
できることをしっかりと行うことも大切に
なってきますので、産まれて来る赤ちゃんの為、
ママの心の為にも読み進めてみて下さいね♪

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ベビー&ファミリー・モーツアルト(@baby_family_photo.mozart)がシェアした投稿

【体重管理】

前回の記事でも紹介しましたが、
まずは体重管理をしっかりしましょう。

必ず増加するお腹の赤ちゃんの重さは、
赤ちゃんの体重は臨月で約3kg、胎盤は約400~500g、
羊水をいれると、合計で約5kgになるそうです。

ここに、お腹の赤ちゃんにも血液を送るための、
循環血液量が3~4割増加したり、母乳の栄養を
蓄えるために皮下脂肪がついてきたりなど、
体に起きる様々な変化がプラスされ、臨月には
少なくとも7~8kg、体重が増加していくとのことです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

まなべび -妊娠・育児を楽しく学ぶ-(@manababy_official)がシェアした投稿

妊娠後期はぐっと体重が増えやすい時期です。
妊娠中に12kg以上太ってしまうと、

・微弱陣痛になりやすい
・出血が多くなりやすい
・帝王切開の傷が治りにくい
・妊娠性の糖尿病になりやすい
・難産になる確率が高まる
・妊娠高血圧症候群になりやすい

などのトラブルが起きる確率が高くなるといわれて
いるので、このようなトラブルを避けるためにも、
妊娠中の体調管理はしっかり行いたいですね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

きなこ*産後ダイエット*妊娠中の体重管理(@kimama.kinako)がシェアした投稿

安産への道のりは赤ちゃんそのものの大きさ
というより、ママの骨盤の大きさとのバランスが
問題になってきます。

ママの骨盤が狭いわけではないのに対し、
赤ちゃんが大きいとバランスが悪くなってしまう
ので難産につながってしまうことになります。

大きな赤ちゃんはママの太りすぎと関連性がある
ので妊娠中は太りすぎないように気をつけましょう。

【ストレッチ】

体重管理はもちろんですが、赤ちゃんが通りやすい
産道を作ることも大切になってきます。

分娩が近づくにつれてホルモンの分泌によって
骨のつなぎ目がゆるめられ、赤ちゃんが
通りやすくなりますが、

さらに赤ちゃんが通りやすいように、
妊娠後期になったらストレッチやあぐらの姿勢
で筋肉を強くし、股関節をやわらかくしておくと
お産の進行を助けてくれます。

私も股関節は柔らかくしておいた方が良いと
聞いていたので、自分のペースでやっていました。

皆さんもストレッチをする際は、自身の体調を見ながら
無理のないように行いましょうね♪

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

「ここラボ」自宅でできるマタニティヨガ・産後ヨガ動画を配信中(@kokorokaradalab)がシェアした投稿

また陣痛の波をうまくつかんでおく必要もあります。
陣痛は常に痛みが続くというわけではなく、
子宮の痛みを感じるときとリラックスできるときが
交互にやってきます。

子宮も筋肉なので初めから常に力を入れていると、
肝心なときに疲れてしまい、陣痛が遠のくことにも
なりかねません。

陣痛遠のく人…結構いますよね。
私も1人目の時は遠のいて、1日入院しました。

「さっきまで痛かったのに…まだ出てこない?」
「陣痛遠のいて大丈夫?」

などと気になっていましたよ。
でも、また陣痛来ると必死で耐えるしかできず、
呼吸法もあいまいで、上手く陣痛の波に
乗れていなかったぁ…と、今は思いますね。

そのためできるだけリラックスしながら
赤ちゃんがおりてきて、陣痛をやりすごすために
呼吸法をしっかりと練習しておく必要があります。

【呼吸法とイメージトレーニング】

いざ本番になって突然やるとなると難しいものです。
赤ちゃんのことを思いながら、音楽を聴いたり、
自分がリラックスできる空間を作りながら呼吸法を
練習するといいでしょう。

またお産の流れをイメージして、しっかり頭に
入れておきましょう。

私は2人目の時は、産道を赤ちゃんがゆっくり
通るイメージをして、陣痛が来た時は

「上手に通ってるね♪」
「ママは大丈夫だからゆっくりでておいで♪」

などと、お腹に話しかけていました。
激痛ですが、今は赤ちゃんも頑張って通って
いるんだと思いながら過ごしました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

hiroaki yoshino(@hiroaki_3512)がシェアした投稿

不安になってパニックに陥ってしまうことは
難産につながってしまいます。

難産にならないためにもお産の進行のイメージを
しっかり把握していれば、冷静に状況を受け入れて
お産の波に乗ることができると思います。

妊娠後期もしっかりとおなかの赤ちゃんに話しかけて
ママも赤ちゃんもリラックスして過ごしてくださいね。

より専門的な事を知りたい方は、専門医や
通っている産院の医師にご相談下さい。

【さいごに】

妊娠後期がマタニティフォト撮影時期にもなりますので
当スタジオに来られるお客様からもいろいろな事を
うかがってます。

リラックスの一つにそして生まれてくる赤ちゃんへの
未来の贈り物としてマタニティフォトを撮影し
てみませんか?

くわしくは「マタニティフォトギャラリー&お客様の感想」をどうぞ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マタニティフォト・スタジオモーツァルト(@maternityphoto_studiomozart)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マタニティフォト・スタジオモーツァルト(@maternityphoto_studiomozart)がシェアした投稿

※下記のサイトを参考に記事を書かせて頂きました。

助産師が教える、妊娠中の体重管理と増加・やせすぎのリスク

臨月(妊娠後期)のウォーキングの効果は?散歩の適切な距離や時間は?|産婦人科医監修

※本記事内の画像につきましてはTwitter・
インスタグラムの埋め込み機能を利用して
掲載させて頂いております。

マタニティフォト専門撮影スタジオ「モーツァルト」

当スタジオで撮影された
お客様の声

User Voice

マタニティフォト専門スタジオ「モーツァルト」は、おかげさまで4000人以上のお客様にご利用いただき、多くの写真掲載許可と嬉しいお声をいただいております。

    お客様の声 No.1023マタニティフォト

    東京都/ K様

    マタニティフォトwithウェディングヴェール

    清楚かつ華やかに マタニティフォト撮影時に結婚式で使用したベールを使いたいと相談されました。 私がベールを使用して撮影する際に一番気をつける点はベールが前に出過ぎて主張が強すぎると清楚さが薄れてしまうことです。 特にマタニティフォトでは常にそこを気にかけております。 で、ありながら地味にも転がらないように・・・・しています。 今回のマタニティフォトは【清楚かつ華やかに・・・】を意識して撮影させていただきました。

    お客様の声 No.1029マタニティフォト

    東京都/M様

    マタニティフォト〜Neo Family〜

    Neo Family Photo !! Neo Maternityphoto !! 新しい生命を授かり、家族全体で楽しみに待ち望んでいる時・・・ それは一緒にいるワンちゃんにも伝わっています。 今回のマタニティフォトは二つのテーマで撮影しました。 ① 奥様一人の撮影はのびのびと美しく、華やかに・・・ ② 家族全員では温もり、嬉しさをどう引き出すか・・・で撮影しました。 こ夫婦のお腹の中にいるお子様に対する愛情はもちろんのこと、ワンちゃんからどう赤ちゃん対する温もりを魅せれるかで撮影しました。。 …

    お客様の声 No.1018マタニティフォト

    東京都/K様

    Last Maternityphoto(ラストマタニティフォト)

    瞳の輝きをそのまま写真に・・・ とても目力があり、瞳の輝いている方なのでそこを意識してライティングして撮影しました。 また一人で撮影する際は、ゆったりとした柔らかい時間の中で美を感じられるように・・・ 家族で撮影する際はもう少しスピード感(笑い声など)が感じられるように引き出していきました。

    お客様の声 No.1025マタニティフォト

    東京都/K様

    マタニティフォト・ 静寂な時間の中で・・・

    静寂かつ上品なイメージを大切に撮影しました。 お会いした際に感じたイメージは静かさの中に真の通った方だと・・・。 また本人が放つ上品さを損なわないようにそしてフワッとしたものにならないように気をつけました。 普通、柔らかさを前に出す際は白い衣装イメージにしますがあえて黒で静寂さ、真の強さ、優しさをまとめました。

    お客様の声 No.1022マタニティフォト

    東京都/Y様

    マタニティフォト〜Clarity…

    お腹の子と過ごす時間を永遠に真空パックする気持ちで・・・ 今回のマタニティフォトは感覚のとても良い妊婦さんでしたので お腹の子を強く感じてください・・・とだけ伝えあとは最小限の指示で撮影に臨みました。 言葉で引き出す表情とは異なり、妊婦さん特有のオーラが写真に出ていると思っています。

    お客様の声 No.1009マタニティフォト

    神奈川県/A様

    神秘さを感じながらもシンプルなマタニティフォト。

    出来るだけ柔らかく、そしてシンプルに… 本人たちのキャラでもある優しい感じを大切に表現するため白の衣装で出来るだけシンプルにそしてポーズも出来るだけポーズっぽくならないように考えて撮影しました。 妊婦さん独特の神秘さを秘めている方でしたのでその雰囲気を生かし何も足さない、何も引かない力まない撮影で淡々と撮影しました。

    お客様の声 No.1027マタニティフォト

    東京都/ H様

    マタニティフォト〜夫婦の笑顔〜

    夫婦の笑顔を最大に・・・・ 撮影する前からとても仲の良さがお二人から伝わって来ました。 その雰囲気をマタニティフォトに残したいと思い満面の笑顔をどう引き出すかにポイントを置きました。 生まれて来るお子様に生まれる前にご夫婦でこんなに嬉しく楽しんでマタニティフォトを撮影したんだよ!と感じてもらえる写真を目指しました。

    お客様の声 No.1020マタニティヌード

    東京都 /A様

    マタニティフォト・白の世界で・・・

    マタニティフォトを白の世界で・・・ ご本人の持っている柔らかいイメージを大切にしなやかな写真になるよう努めました。 風を使用して撮影しましたがあくまで風はしなやかに髪がたなびく程度にしてどちらかというと風の強さより心地よさが伝わってくるように・・・ と撮影しました。

    お客様の声 No.1031マタニティフォト

    東京都/M様

    マタニティフォト〜with Belly dance〜

    ベリーダンスを普段、行なっているということからその雰囲気を重視して・・・華やかさを大切に撮影しました。