記事公開日:2021.04.30 | 最終更新日:2021.05.07

妊娠中期の体のケア

妊娠中期の体のケア
魚見舞

この記事を書いた人

スタジオモーツァルトでSNS担当してます、魚見舞です。 現在3人の子供がおります。 妊娠期は楽しみな気持ち、不安な気持ちなど様々な思いがあると思います。3人目は帝王切開だったこともあり、自然分娩・帝王切開の両方経験があるので、妊娠中だけでなく、出産に向けての様々な気持ちなどにも寄り添いお役に立てる情報を、伝えて行きたいと思います

妊娠中期の体のケア

マタニティライフいかがお過ごしでしょうか?
今回は「妊娠中期の体のケア」について
紹介させて頂きますね♪

妊娠中期に出てくる症状と言えば、
眠気や倦怠感そしてむくみや妊娠線。

気になる症状も事前に知っておく事で
不安感が解消されたりしていくものです。

ここでは代表的な症状をご説明致します。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

✿ あやち ✿(@aya_chi_expenses)がシェアした投稿

妊娠線対策 

皮下組織に入った割れ目のような線が
妊娠線です。

急激におなかが大きくなったり、体重が増えたり
することで、皮膚の伸びが追いつかず
断裂が起こってしまい、妊娠線ができてしまいます。

妊娠線はできる人とできない人といますが、
なるだけ出来ないようにするために、
事前にケアしていきたいですよね。

妊娠中期のつわりが終わる頃なので
食欲が出て急激に体重が増え始めるので、
妊娠線を気にされる方は注意が必要ですね。

次に注意が必要なのは妊娠8カ月~臨月の頃です。

特に臨月時は急に胎児も大きくなり
体重が増えるため、それまで妊娠線がなかった
としても出来る可能性は十分にあります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

(@_____22___xx)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

大平マキ(@ohira_maki)がシェアした投稿

妊娠線対策

妊娠線対策にはマッサージで回避出来る
と言われています。

また、マッサージには皮膚をやわらかくしたり、
血行をよくする効果がありますよ。

しかし、強いマッサージは赤ちゃんに刺激を
与えてしまう可能性がありますので、
保湿効果のあるクリームなどを使い、
優しくマッサージをしていきましょう。

私も保湿クリームをこまめに塗るようにして
いました。

3人出産していますが、
3人とも妊娠線は出来ませんでしたよ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

たろはな妊活日記→マタニティ日記(@tarohana2019)がシェアした投稿

妊娠線予防で大切なのは、

・急激な体重増加に気をつける。

・保湿クリームでやさしくマッサージしながら
しっかり潤いを与える。

・妊娠線ができやすいバストやおなか、
おしりを重点的にケアする。

この3つがポイントになって来ると思います
ので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Cosme Dy.(コスメディ)/コスメ・スキンケア(@cosmedy_jp)がシェアした投稿

むくみ

つわりが落ち着いてきたと思えば、
足や手のむくみで悩まされる妊婦さんも
いるのではないでしょうか?

妊娠をすると通常時と比較して約3割程度、
血液量が増えます。

それは「血漿」というもので、血漿の成分は
90%以上が水です。

血液が水分でさらさらすることにより
お腹の中の赤ちゃんにも栄養が届きやすくなる
という仕組みです。

血液中の水分が増えれば、全身がむくみやすくなります。

安定期と言われる中期でも浮腫みを感じる方の多くは、
運動不足であったり冷え性であったりする
妊婦さんが多いようです。

体が冷えると血流が悪くなります。
そして、体内の水分がうまく排泄されなくなるため
水分が溜まり妊娠中期のむくみの原因となります。

疲労や睡眠不足は、顔のむくみの原因とされています。
最近は、働く妊婦さんも増えているため、仕事の疲れや
ストレスが原因で妊娠中期のむくみに影響している
とも言われています。

また、デスクワークなどで同じ姿勢でいることが多い
と血流が悪くなり、むくみの原因となるようです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Hiroko Matsuno(@alohana828hiro)がシェアした投稿

むくみ対策

むくみの解消法としていくつかご紹介します。

●ウォーキング
出掛けられる時は散歩をしたりして身体の機能が
低下しないよう心掛けましょう。
目安として、30分~1時時間程度歩くと良いです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ゆきママ(@yuki_mama420)がシェアした投稿

●マッサージ
むくみ対策として身体を冷やさずに
マッサージをするというのも重要です。

マッサージすることで、血流を良くして
むくみの症状を和らげますが、マッサージ中に
お腹が張る症状があるときには中断しましょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

杉本 みき*マインド美容家(@mikilove39)がシェアした投稿

●むくみ症状に効果的な食べ物や飲み物

ビタミンB1が多く含まれる「豚肉やレバー」は、
疲労回復効果もあり体の調子を整えてくれます。

カリウムを多く含む「バナナ・りんご」は、
体の塩分であるナトリウムを排尿させる働きがあります。

「杜仲茶やタンポポ茶」は利尿作用があるので
飲むことでむくみの症状を緩和させます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

まい【好きな仕事しかしない自由人時々ナース 】(@mai_healthcare)がシェアした投稿

腰痛

妊娠中の腰痛で悩んでいる方もいると思います。
立てない、歩けないという妊婦さんも少なくありません。

私も妊娠中期の腰痛に悩まされました。

妊婦さんの8割が骨盤付近や腰の痛み
を経験するそうです。

妊娠中の体重増加によって、姿勢が今迄とは変化し
腰が湾曲することが原因で腰痛が生じます。

この負荷により、椎間板、靭帯、関節面に
ストレスがかかり痛みとなります。

また出産準備のための子宮拡大のために、
腹筋が伸ばされ腹筋力はさらに弱まり、
腰の筋肉とのバランスが悪くなることで、
鈍痛や刺すような痛みとなってしまいます。

腹筋が弱くなり、大きくなったお腹を支える
負担は相当なものです。

ツライ腰痛が少しでも改善されるように、
腰痛対策をご紹介させて頂きますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

カナコ / ランチ好き女子☺️(@kanyan.ko)がシェアした投稿

腰痛対策

●姿勢に気を付ける。
できるだけ、腰へ負担がかからないように
前傾姿勢は減らすように心がけましょう。

胸を張り、肩と骨盤が一直線になるような姿勢
は体に負担がかかりにくいです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

バンビママ&ベイビー | 妊娠線ベビー用品子育て(@bambi_mamababy)がシェアした投稿

●ストレッチ
力を込めた腰のマッサージは、負担になる場合も
ありますので、腰の辺りを伸ばしたり縮めたりして、
「気持ち良い」「心地よい」と感じる程度に
動かしましょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Yurika Kato(@yurika0729)がシェアした投稿

●寝る時
仰向けに寝て、体重を全体に分散させることで
腰に負担がかかるのを避けられます。

丸めたタオルや枕を入れて、腰が楽になるように
工夫をしましょう。
膝の下に同じようにタオルや枕を入れるのもおすすめ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

バンビママ&ベイビー | 妊娠線ベビー用品子育て(@bambi_mamababy)がシェアした投稿

他にも、
腰の負担を軽減していける妊婦帯
というものもあります。

妊娠後期になるともっと痛みは加速する
方もいらっしゃるそうです。

妊娠中期のうちから、臨月に向けて
腰の負担軽減の準備をしていきましょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

おかぴ(@okapi.17)がシェアした投稿

眠気

妊娠期に、寝ても寝ても眠くてたまらないほど
眠気に悩まされる方多いのではないでしょうか。

私は「立ってでも寝れる」と本気で思うほど
眠かった記憶があります。

妊娠中期の眠気の原因は
プロゲステロンという成分によるものです。

通常の生理前にも増加する成分で、
だるさ、頭痛、吐き気、むくみ、便秘、肌荒れ、
乳房痛、イライラ、憂鬱などを感じる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

月経前症候群(PMS)と同じ症状が続くために
眠気を生じさせてしまうのです。

また、一人の身体ではなくお腹も大きくなるため
少しの動作でも疲れやすくなります。
疲れも眠気を感じやすくなることの原因のひとつです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

tom(@tom.note_)がシェアした投稿

眠気対策

●栄養をしっかり摂る
妊娠中は貧血になりやすいため、貧血からくる
眠気対策として、鉄分の含まれる食材を意識的に
取り入れるのもおすすめです。

血液を作るために必要な栄養素
「ビタミンB12」「葉酸」「ビタミンB6」
あわせて摂取すると良いでしょう。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ぺいちょ / 心と体の健康をデザイン(@peicho.fitness)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

坂井 海斗【毎朝8時ストーリーで健康クイズ】(@kaito_trainer)がシェアした投稿

●適度な運動やストレッチ
運動不足により血行が悪くなり、脳が酸欠状態
となって眠気を感じている可能性もあるそうで、
軽いウォーキングやマタニティヨガなどを
やる事で眠気がなくなるかもしれません。

軽い運動を行うことによって、
気分のリフレッシュにもなりますね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

hagyu(はぎゅ)妊活/妊娠/出産/育児を学ぶ(@hagyu_happy)がシェアした投稿

●十分な睡眠
眠気は一時的な生理現象なので、
もし眠っても問題のない環境であれば、
眠られてもいいのではないでしょうか。

昼夜逆転になるのを懸念されている妊婦さんの場合は、
眠気を感じたら軽く体を動かすなどして、
規則正しいサイクルで生活されるのも良いですね。

一番はストレスを感じない生活を送って下さいね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Inoue Sayaka【ヨガIR@CU】(@cu_salon)がシェアした投稿

さいごに

妊娠中の体の変化は、どんな妊婦さんも
少なからず悩みを抱えています。

自分だけ?と考えずに
「妊娠中だから仕方ない!」
多少の開き直りも必要ですよ♪

周りに協力してもらいながら、
楽しいマタニティライフを送りましょう!

次の記事では
「妊娠中期までに済ませておきたいこと」
についてをご紹介していきますね♪

妊娠中期の今、参考にしてみて下さい。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マタニティフォト・スタジオモーツァルト(@maternityphoto_studiomozart)がシェアした投稿

マタニティフォトを撮影された方の感想で、

「色々悩みや不安があったけど、マタニティフォトを
撮影してる時は本当に楽しくて、気分もスッキリした。」

というお言葉もいただいております♪
マタニティフォトは思い出作りや、気分転換
にもなりますよ。

(マタニティフォトギャラリー&お客様の感想はコチラから)

下記のサイトを参考に記事を書かせて頂きました。

https://epark.jp/kosodate/enjoylife/k-pregnant-backache_13266/

https://st.benesse.ne.jp/ninshin/chuki/

https://da-inn.com/ninsinmukumi-15508/

※本記事内の画像につきましては、インスタグラム・
Twitterの埋め込み機能を利用して掲載させて
いただいております。

マタニティフォト専門撮影スタジオ「モーツァルト」

当スタジオで撮影された
お客様の声

User Voice

マタニティフォト専門スタジオ「モーツァルト」は、おかげさまで3600人以上のお客様にご利用いただき、多くの写真掲載許可と嬉しいお声をいただいております。

    お客様の声 No.1023マタニティフォト

    東京都/ K様

    マタニティフォトwithウェディングヴェール

    清楚かつ華やかに マタニティフォト撮影時に結婚式で使用したベールを使いたいと相談されました。 私がベールを使用して撮影する際に一番気をつける点はベールが前に出過ぎて主張が強すぎると清楚さが薄れてしまうことです。 特にマタニティフォトでは常にそこを気にかけております。 で、ありながら地味にも転がらないように・・・・しています。 今回のマタニティフォトは【清楚かつ華やかに・・・】を意識して撮影させていただきました。

    お客様の声 No.1029マタニティフォト

    東京都/M様

    マタニティフォト〜Neo Family〜

    Neo Family Photo !! Neo Maternityphoto !! 新しい生命を授かり、家族全体で楽しみに待ち望んでいる時・・・ それは一緒にいるワンちゃんにも伝わっています。 今回のマタニティフォトは二つのテーマで撮影しました。 ① 奥様一人の撮影はのびのびと美しく、華やかに・・・ ② 家族全員では温もり、嬉しさをどう引き出すか・・・で撮影しました。 こ夫婦のお腹の中にいるお子様に対する愛情はもちろんのこと、ワンちゃんからどう赤ちゃん対する温もりを魅せれるかで撮影しました。。 …

    お客様の声 No.1018マタニティフォト

    東京都/K様

    Last Maternityphoto(ラストマタニティフォト)

    瞳の輝きをそのまま写真に・・・ とても目力があり、瞳の輝いている方なのでそこを意識してライティングして撮影しました。 また一人で撮影する際は、ゆったりとした柔らかい時間の中で美を感じられるように・・・ 家族で撮影する際はもう少しスピード感(笑い声など)が感じられるように引き出していきました。

    お客様の声 No.1025マタニティフォト

    東京都/K様

    マタニティフォト・ 静寂な時間の中で・・・

    静寂かつ上品なイメージを大切に撮影しました。 お会いした際に感じたイメージは静かさの中に真の通った方だと・・・。 また本人が放つ上品さを損なわないようにそしてフワッとしたものにならないように気をつけました。 普通、柔らかさを前に出す際は白い衣装イメージにしますがあえて黒で静寂さ、真の強さ、優しさをまとめました。

    お客様の声 No.1022マタニティフォト

    東京都/Y様

    マタニティフォト〜Clarity…

    お腹の子と過ごす時間を永遠に真空パックする気持ちで・・・ 今回のマタニティフォトは感覚のとても良い妊婦さんでしたので お腹の子を強く感じてください・・・とだけ伝えあとは最小限の指示で撮影に臨みました。 言葉で引き出す表情とは異なり、妊婦さん特有のオーラが写真に出ていると思っています。

    お客様の声 No.1009マタニティフォト

    神奈川県/A様

    神秘さを感じながらもシンプルなマタニティフォト。

    出来るだけ柔らかく、そしてシンプルに… 本人たちのキャラでもある優しい感じを大切に表現するため白の衣装で出来るだけシンプルにそしてポーズも出来るだけポーズっぽくならないように考えて撮影しました。 妊婦さん独特の神秘さを秘めている方でしたのでその雰囲気を生かし何も足さない、何も引かない力まない撮影で淡々と撮影しました。

    お客様の声 No.1027マタニティフォト

    東京都/ H様

    マタニティフォト〜夫婦の笑顔〜

    夫婦の笑顔を最大に・・・・ 撮影する前からとても仲の良さがお二人から伝わって来ました。 その雰囲気をマタニティフォトに残したいと思い満面の笑顔をどう引き出すかにポイントを置きました。 生まれて来るお子様に生まれる前にご夫婦でこんなに嬉しく楽しんでマタニティフォトを撮影したんだよ!と感じてもらえる写真を目指しました。

    お客様の声 No.1020マタニティヌード

    東京都 /A様

    マタニティフォト・白の世界で・・・

    マタニティフォトを白の世界で・・・ ご本人の持っている柔らかいイメージを大切にしなやかな写真になるよう努めました。 風を使用して撮影しましたがあくまで風はしなやかに髪がたなびく程度にしてどちらかというと風の強さより心地よさが伝わってくるように・・・ と撮影しました。

    お客様の声 No.1031マタニティフォト

    東京都/M様

    マタニティフォト〜with Belly dance〜

    ベリーダンスを普段、行なっているということからその雰囲気を重視して・・・華やかさを大切に撮影しました。