記事公開日:2021.03.22 | 最終更新日:2021.03.22

妊娠中期に楽しめる事~旅行編~

魚見舞

この記事を書いた人

スタジオモーツァルトでSNS担当してます、魚見舞です。 現在3人の子供がおります。 妊娠期は楽しみな気持ち、不安な気持ちなど様々な思いがあると思います。3人目は帝王切開だったこともあり、自然分娩・帝王切開の両方経験があるので、妊娠中だけでなく、出産に向けての様々な気持ちなどにも寄り添いお役に立てる情報を、伝えて行きたいと思います

妊娠中期に楽しめる事~旅行編~

妊娠中期は、つわりも治まり旅行も食事も
楽しめる時期になります。

今回は「旅行」についてご紹介させて
頂こうきますね♪

マタニティーブルーを避けるためにも
気分転換として、旅行や食事は重要なもの
となってきます。

妊婦さんの中には

「赤ちゃんが生まれたら、しばらくは旅行に
行くこともできなくなるので今のうちにしておきたい」

「夫婦2人の思い出づくりをしたい」

という声も多く聞かれます。
とは言え、妊娠中ですのでここでは、
旅行へ行くメリット気をつける事など
お伝え致します。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

macana~大切な贈り物~(@macana0401)がシェアした投稿

旅行に行くメリット

妊娠すると、ホルモンバランスの乱れから
情緒不安定になったり、今までできていた
ことができない、といった事からストレスが
たまりがちになります。

旅先へ行くことで、新鮮な気持ちになり
リフレッシュ出来きます。

気分転換になるので、まだ続く妊娠生活や
今度控えている出産に対して、
前向きになれるというメリットがあります。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

jiiimomi(@jiiiimomi)がシェアした投稿

気をつけるポイント

気分転換になる旅行ですが、
妊娠中でも十分リラックス出来るよう
楽しんでいきたいですよね。

おなかの赤ちゃんのことや体調など
気になって、「本当に大丈夫なのか?」
と気になる所です。

ここからは、気になるポイント
ご紹介して行きますので、ぜひ
読み進めてみて下さい。

旅先の救急対応出来る病院を調べておく

旅先で体調が悪くなってしまうことも
あるかもしれません。

万が一にそなえて
旅行先で救急対応が出来る病院を調べて
おくことをおすすめします。

できれば何か所か調べておくと安心です。

母子手帳や保険証は必ず持って行く

母子手帳にはこれまでの妊娠経過など
色々な事が記録されていますので、
何かあった時に対応できるように、保険証と
セットで必ず持って行ってくださいね。

無理なスケジュールを組まない

行きたい場所、見てみたい場所はいろいろあると
思いますが、あちこち歩きまわったり、
タイトなスケジュールを組んだりすると疲れてしまい、
おなかが張ってくるなどしてしまいます。

そうなってしまう事で、
切迫流産(せっぱくりゅうざん)や
切迫早産(せっぱくそうざん)などのリスクも
高まります

そうならない為にも、心と身体がのんびりできること
をメインにスケジュールを立てましょう。

冷えないようブランケットを持参

夏の暑い時期でもブランケットは必須です。
エアコンで身体が冷えてしまわぬよう、
冷え対策は必要です。

ブランケット以外にもカーディガンなどの
羽織ものを用意しておくと便利です。

かかりつけ医に相談の上、旅行の計画を立てる

安定期になったからと言って安全な時期
というわけではありません

おなかが大きくなって動きにくくなることで
負担が増しています。

自身の体調やお腹の赤ちゃんの様子などを
ふまえて、かかりつけ医に相談をしてから
旅行の計画を立てましょう。

旅行先で避けてほしいポイント

最近では、妊婦さんの旅行が気軽な感じに
なっていますが、おすすめできない場合
あります。

海外旅行はおすすめできない

なぜかと言うと、
気候の変化や時差、食事の面などで体調を崩して
しまうことがあります。

また、海外でトラブルがあった場合、
言葉の問題でスムーズに医療者に伝えることが
難しくなってきます。

保険が使えずに医療費が高額になることもあるので、
やめておいたほうがいいでしょう。

連休など込みやすい時期は避ける

連休はとても混みやすいことが予想されますよね。
人と接触して転倒する危険もあり、
車での移動の場合、渋滞に巻き込まれて
すぐ動けなくなってしまうこともあります。

そして、頻尿になりやすい妊婦さんにとっては
トイレに入るにも行列に並ぶことになったりして、
負担が大きくなってしまいます。

旅先選びのポイントは?

では、妊娠期に旅行に行く場合はどんな場所が
良いのでしょうか?

それは、自分自身が気持ちよく開放される場所、
のんびりできるところがベストです。

ポイントとしては、
・体調が悪くなった場合でも、家に戻りやすい環境で
自宅から1~2時間の場所。

・今までに行ったことがあり、リラックスできる場所。
お気に入りの宿泊先などもおすすめです。

おすすめの旅行先

ゆったり・のんびり滞在できる温泉旅館
リゾートホテルは妊娠中の旅行にはおすすめです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

meguri | 行きたい温泉が見つかる🛀♨️(@meguri_rest)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

グランヴィリオリゾート石垣島(@grandvrioresort_ishigakijima)がシェアした投稿

山や牧場テーマパークなども、あれこれと
欲張らずのんびりと楽しむことができますよ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マザー牧場 motherfarm (official)(@motherfarm_official)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

cherry(@cherry_usj)がシェアした投稿

温泉で気をつける事

泉質のミネラル成分などで、床が滑りやすく
なっている場所が多いので「転倒に注意!」

また、温泉につかっているときの温度と、
出たときの温度に差がある場所は要注意です。

温度差で体への負担が大きく、ふらついたり
してしまうことがあります。

そして、泉質によっては妊婦さんNGの場合も
あるので事前に妊婦であることを伝え確認して
おくことも大切です。

リゾートホテルで気をつける事

マッサージなどを受ける際には注意が必要です。
アロマメニューやマッサージを受ける際は、
あらかじめ妊娠していることを告げ、
妊娠中でも大丈夫な精油を選んでもらいましょう。

もしマッサージの途中で、おなかが張ったら途中で
中止するようにしましょう。

プールがある場合は、ホテルの管理されたプール
であれば入水も可能ですが、水温が冷たいと
体が冷えておなかが張る原因になるので注意です。

山で気をつける事

妊娠中の運動になりそうだから、登山が趣味だから、
などの理由で登山をする場合は、しっかり自分の体と
相談して、どこまでいけるか判断しましょう。

山登りなどもどこまで大丈夫かは個人によります。
なので、どこまで大丈夫か人に決めてもらうので
はなく、自分で決めることが大切です。

テーマパークで気をつける事

せっかく来たのだからと、朝から晩まで目一杯
遊びまわりたい気持ちは分かりますが、妊娠中だと
いう事を自覚して、激しいアトラクションは避け
休み休み行動しましょう。

せっかく来たからこそ、楽しく・有意義な時間を
過ごしましょう。

さいごに

赤ちゃんが産まれるとなかなか旅行に行けない
生活に入るので、第一子を産む妊婦さんは
夫婦水いらずで旅行へ行くチャンスでもあります。

また安定期と言われる妊娠中期です。
旅行で気分転換をしてみませんか?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マタニティフォト・スタジオモーツァルト(@maternityphoto_studiomozart)がシェアした投稿


また、旅行は行かなかったけど
夫婦でマタニティフォトを撮影した時のことが
「すごく楽しかったし、素敵な思い出になりました・・・」
と良く耳にします。

(マタニティフォト・ギャラリーはこちらからご覧いただけます。)

次の記事では【妊娠中期に楽しめる事~食事編~】
をご紹介しますので、そちらもあわせて読んで
見て下さいね♡

今回、下記のサイトを参考に記事を書かせて頂きました。

妊婦の旅行はいつまで?安定期はOK?妊娠中の注意点は?

妊娠中に旅行に行っていい?産婦人科医から旅の注意点

 

※本記事内の画像につきましては、インスタグラムの
埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

マタニティフォト専門撮影スタジオ「モーツァルト」

当スタジオで撮影された
お客様の声

User Voice

マタニティフォト専門スタジオ「モーツァルト」は、おかげさまで3600人以上のお客様にご利用いただき、多くの写真掲載許可と嬉しいお声をいただいております。

    お客様の声 No.1023マタニティフォト

    東京都/ K様

    マタニティフォトwithウェディングヴェール

    清楚かつ華やかに マタニティフォト撮影時に結婚式で使用したベールを使いたいと相談されました。 私がベールを使用して撮影する際に一番気をつける点はベールが前に出過ぎて主張が強すぎると清楚さが薄れてしまうことです。 特にマタニティフォトでは常にそこを気にかけております。 で、ありながら地味にも転がらないように・・・・しています。 今回のマタニティフォトは【清楚かつ華やかに・・・】を意識して撮影させていただきました。

    お客様の声 No.1029マタニティフォト

    東京都/M様

    マタニティフォト〜Neo Family〜

    Neo Family Photo !! Neo Maternityphoto !! 新しい生命を授かり、家族全体で楽しみに待ち望んでいる時・・・ それは一緒にいるワンちゃんにも伝わっています。 今回のマタニティフォトは二つのテーマで撮影しました。 ① 奥様一人の撮影はのびのびと美しく、華やかに・・・ ② 家族全員では温もり、嬉しさをどう引き出すか・・・で撮影しました。 こ夫婦のお腹の中にいるお子様に対する愛情はもちろんのこと、ワンちゃんからどう赤ちゃん対する温もりを魅せれるかで撮影しました。。 …

    お客様の声 No.1018マタニティフォト

    東京都/K様

    Last Maternityphoto(ラストマタニティフォト)

    瞳の輝きをそのまま写真に・・・ とても目力があり、瞳の輝いている方なのでそこを意識してライティングして撮影しました。 また一人で撮影する際は、ゆったりとした柔らかい時間の中で美を感じられるように・・・ 家族で撮影する際はもう少しスピード感(笑い声など)が感じられるように引き出していきました。

    お客様の声 No.1025マタニティフォト

    東京都/K様

    マタニティフォト・ 静寂な時間の中で・・・

    静寂かつ上品なイメージを大切に撮影しました。 お会いした際に感じたイメージは静かさの中に真の通った方だと・・・。 また本人が放つ上品さを損なわないようにそしてフワッとしたものにならないように気をつけました。 普通、柔らかさを前に出す際は白い衣装イメージにしますがあえて黒で静寂さ、真の強さ、優しさをまとめました。

    お客様の声 No.1022マタニティフォト

    東京都/Y様

    マタニティフォト〜Clarity…

    お腹の子と過ごす時間を永遠に真空パックする気持ちで・・・ 今回のマタニティフォトは感覚のとても良い妊婦さんでしたので お腹の子を強く感じてください・・・とだけ伝えあとは最小限の指示で撮影に臨みました。 言葉で引き出す表情とは異なり、妊婦さん特有のオーラが写真に出ていると思っています。

    お客様の声 No.1009マタニティフォト

    神奈川県/A様

    神秘さを感じながらもシンプルなマタニティフォト。

    出来るだけ柔らかく、そしてシンプルに… 本人たちのキャラでもある優しい感じを大切に表現するため白の衣装で出来るだけシンプルにそしてポーズも出来るだけポーズっぽくならないように考えて撮影しました。 妊婦さん独特の神秘さを秘めている方でしたのでその雰囲気を生かし何も足さない、何も引かない力まない撮影で淡々と撮影しました。

    お客様の声 No.1027マタニティフォト

    東京都/ H様

    マタニティフォト〜夫婦の笑顔〜

    夫婦の笑顔を最大に・・・・ 撮影する前からとても仲の良さがお二人から伝わって来ました。 その雰囲気をマタニティフォトに残したいと思い満面の笑顔をどう引き出すかにポイントを置きました。 生まれて来るお子様に生まれる前にご夫婦でこんなに嬉しく楽しんでマタニティフォトを撮影したんだよ!と感じてもらえる写真を目指しました。

    お客様の声 No.1020マタニティヌード

    東京都 /A様

    マタニティフォト・白の世界で・・・

    マタニティフォトを白の世界で・・・ ご本人の持っている柔らかいイメージを大切にしなやかな写真になるよう努めました。 風を使用して撮影しましたがあくまで風はしなやかに髪がたなびく程度にしてどちらかというと風の強さより心地よさが伝わってくるように・・・ と撮影しました。

    お客様の声 No.1031マタニティフォト

    東京都/M様

    マタニティフォト〜with Belly dance〜

    ベリーダンスを普段、行なっているということからその雰囲気を重視して・・・華やかさを大切に撮影しました。